重要なお知らせ

南西一の西区、地震被害想定

阪神淡路大震災(平成7年1月17日発生)を教訓として、ボランティア活動について20年の節目となる。
今、宮崎県においても南海トラフ地震は30年に70%の確率で発生する予測がされている。えびの地震マグニチュウド震度6が昭和43年2月に発生、50年節目に近く発生、新燃岳・硫黄山マグマだまりの噴火を注意すべきである。自助共助協働社会の様々な立場で災害に対する、減災と防災向上のため活動し日頃の意識知識技量を高めるために、防災研修会を継続的に開催する。

地震被害想定
 区内被害
人口450人 85人
世帯数160軒3軒
木造棟数350棟 6棟
全壊70棟14棟
倒壊3棟 1棟
生き埋め3人1人
重傷者2人 0人
死者1人 0人
出火件数7件 0件
建物全壊率
震度木造非木造
5強0~2%0%
6弱2~10%0~5%
6強10~50%5~15%
50%以上15%以上
注)古い建物が多い場合は倍 新しい建物の場合半分


目的地へのルートを検索
アクセスカウンター
合計:1400
今日:1
今週:4
今月:15
南西一の西区事務局

〒886-0005 宮崎県小林市南西方3673 
TEL:0984-27-1885
ページトップへ