自主防災組織(防災訓練)
 
 *各区の訓練の見学、交流を希望される区長は
  実施地区区長さんまでご相談ください。


*実施予定リスト

*実施報告リスト
令和3年度自主防災組織防災訓練実施報告書(11月26日現在).pdf

新着情報

令和3年度小林市自主防災組織担い手(SVC養成)講座

令和4年2月20日(日)避難所運営訓練
  
   対象区 西町1区、西町2区、西町3区、坂元区
 
  [会場は新設された防災センター会議室になります。]

 *講座日程
 
      
  第4回  12月11日(土) 9時30分
      第一部 「人吉豪雨災害」ボランティア活動報告(2名)
      第二部  閉校式 
 
  *対象区(12区)
  ・緑町区・仲町区・上町区・上町中区・上町北区・上町西区
  ・真方一区・南真方区・南真方東区・南真方西区・坂本区・種子田区

令和3年4月1日付で事務所が移転
(エコワールードきりしま 内)
 八幡原市民総合センター
 会議棟1階 大会議室横に事務所があります。
   電話 0984-24-5020
   Fax    -24-5021

     午前10時~16時まで
    

一言居士(日々活動の中で感じた事などについて個人的な意見を述べるブログ

防災「を」「も」フェーズフリー

  キャンプ用品が防災グッズとして売れている。確かに熊本地震では駐車場の車内外で 避難生活をしている人が多く、又メディアもその現状を報道した。特に集団生活に支障がある避難者は止む無く車中避難となった事情もあったと思われる。ボランティア活動先の被災地では、庭にテントを張って生活をしている人も見かけた。キャンプ用品と 防災グッズは重なる機能が多い。防災グッズとしても使えるキャンプ用品を日常使用 として揃えているのもありだ。レトルト食品の開発と使用方法は、災害が多発する 日本では改善と種類がスピードアップしている。「賞味期限の延長」「温めなくても良い」 等々、普段から食してみたい種類の多さ。非常食のフェーズフリー化は急ピッチ に進んでいます。防災「を」「も」非日常にしない防災力を共に。フェーズフリー。(冨吉)
コメント(0)
2021年10月20日 14時08分 投稿者:svc

「正常バイアス」と「逃げ遅れ」

日本は四つのプレートがひしめき合う世界でも有数な地震多発地帯である。フィピン海プレートが年3~6cm陸のプレート(ユーラシアプレート) に沈み込んで行く事が解明されている。地球の自然な営みである。歪が増大。
 さて、昨今高齢者人口の増加によって多種な保険(葬儀・ガン)商品がメディア で盛んにPRされています。「万が一は昔の話、
今は2人に一人がガンになる人生100歳時代」だから、備えましょうと。  
 南海トラフ地震が30年以内に70~80%の発生確率(2020年1月発表)となった。 「生きている内には、合わないよ」「小林は海の近くでなくて良かった」と 「正常バイアス」が働く。被害にあった人の話に「命さえあれば、どんな災害から もやり直すことができる」と、自分と家族の命を守るためには、災害に対して の正しい知識・情報と備え(自助)が大切だと思う日々である。(冨吉)   *地図:気象庁

*「正常バイアス」:危険な状態に接しても自分は大丈夫と思い込む脳のメカニズム  災害時の「逃げ遅れの」最大の原因とされている。

コメント(0)
2021年09月16日 14時27分 投稿者:svc
RSS2.0KML
アクセスカウンター
合計:36281
今日:3
今週:12
今月:235
小林市SVCセンター事務局

〒886-0003 宮崎県小林市堤108-1 八幡原市民総合センター
TEL:0984-24-5020 FAX:0984-24-5021
ホームに戻る